はたけさんのHTKプレミアムツールがバイナリーで驚愕の90%!これホント?

投資系Youtuberのはたけさんが自らのロジックを公開した最初で最後のサインツールを販売しました!

驚きの数字を出しているこのツールの実際のところが知りたいですよね。

どんなツールなのか見ていきましょう!

目次

HTKプレミアムツールとは

バイナリーをやっている人ならわかりますが、この勝率90%、本当ならすごい数字ですよね。

初心者の方には、すごくは見えるけどこういうツールはこれぐらいは出ないの?ぐらいに思うかもしれません。

バイナリーは取引した時から価格が上がるか下がるかを当てる2択。
ハイローオーストラリアを使って5分取引とした場合の倍率が1.88倍なので、最低でも勝率55%は必要と言われます。

ほとんどバイナリーツールが勝率は大体60%から70%の間ぐらいでしょうか。

もちろん、紹介ページではどのツールも80%以上みたいな感じでは謳っていますが、実際はなかなかそうはいきません。

なので、はたけさんのHTKプレミアムツールの勝率90%というのは本当ならすごいことです。

それだけ自信をもって発表されたようです。

ただ、マーチン1回込みの勝率にはなるので、ここは好き嫌いが分かれます。

でも、はたけさんは根拠のあるマーチンだから大丈夫!という風に言われてますね。

特定商取引法に基づく表示

会社名 株式会社BUUNO
運営責任者 畠中伸正
住所 〒110-0005
東京都台東区上野6丁目1番6号 御徒町グリーンハイツ1005号
電話番号 03-6869-0162
メールアドレス htkpremiumtool2@gmail.com

会社名など、はたけさん自身の会社の情報が書かれていますので、この点は安心できますね。

ここの情報が嘘ばっかりの人も多いですからね。

なので、販売する会社としては全然問題ありませんので、ツールに対する信憑性も高くなります。

でも、一点気になるのはここに書いている金額表示。

販売開始した時は確かに198,000円だったんですが、今は300,000円

なのに、特定商取引法の金額が198,000円になっているのは気になります。直すのをただ忘れているだけだと思いますけど。

実際に購入した人の声

youtuberとしても認知度のあるはたけさんなので、すでに購入して実践している人もいます。

そんな人たちの実際の実践結果がありましたので、いくつかご紹介します。

まだまだ販売開始されてから間もないので、検証回数が少なく判断しずらい状況ですが紹介ページで謳っている勝率90%はちょっと厳しいみたいですね。

この勝率も無裁量でサインツールに従うだけ!

ということを言ってるので、余計に初心者も手を出してしまって本当に90%?!ってなっている可能性が高いですね。

ということは、やっぱりある程度知識を身に着けて裁量をする必要はあるのかもしれません。

もともと気になっていたので購入を検討していましたが、最初の限定価格でも198,000円だったし今だと300,000円。

サインツールにこれだけの費用を払うのはもったいない!って感じてしまい購入をやめました。

ただ、今回のツールはやり方次第という感じかなと思いますが、いきなり手を出して痛い目をみないためにも、まずは購入費用や軍資金を用意できる環境を作ったほうがいいと思います。

AIを組み込んだEAをちょっとご紹介

難平やマーチンに頼って負けているEAが多く存在します。

こういうEAは経済指標や荒れ相場に弱く、最悪は資金を溶かすこともあります。

実際に私が以前使用していたEAは難平方式で、見事に溶けました!

https://bon-jin.net/fx/fx-experience/fx-daibouraku.html

自動売買ツールを使うなら、やっぱり完全にほったらかしで稼ぎたいですよね?

そんな不安を取り除いたのが、AIを組み込んだ自動売買ツールです。

AIが相場を判断しながらロジックを当てはめていくので、相場が荒れても資金が溶けることはなく確実にじっくりと資金を増やし続けてくれます。

今までのEAの常識を覆すようなAIによる自動ツールを、人数限定ですが無料配布してます。

人数限定にした理由は、このAIによる自動売買ツールが公開されてから1ヵ月後の先月、実はサーバーがパンクしそうになったんです。

思った以上の反響で人数が集まってしまい、サーバーが悲鳴をあげたみたいです(笑)

それだけいろんな人が使ってしかも利益を着実に積み重ねています。

そんな確実に利益を積み重ねるならツールを使いたい!って人が、ものすごく多いので今回は人数を限定させていただくことにしました。

興味がある人は早めにこちらからご連絡ください。

LINE申請はこちら

状況によっては、ご連絡いただいても締めきっていることもあるのでご理解くださいね。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる