バンドウォークの見極めでトレンド相場を見つけよう!

バンドウォークって最初なんのことだか全然わかりませんでした(笑)

初心者にとって専門用語が飛び交うと、調べたりするのが大変。。。

ということで、今回はバンドウォークとはなんぞやということのお話。

目次

バンドウォークとは

バンドウォークとは、±2σ(シグマ)のラインに沿って上昇または下降していくこと。

丸で囲った感じのように2σに沿って移動することを言います。

今回調べて初めて知りました(笑)

2σに沿って移動が続いているとその間はトレンドが続いている、ということなのでどちらかというと順張りでエントリーする人が多いです。

2σがトレンドラインになりやすい?

ボリンジャーバンドって上の画像のような感じでラインが引かれます。

画像でいえば「オレンジ」のラインが±2σにあたります。

ボリンジャーバンドって結構多くのトレーダーが使っていて、メジャーなインジゲーターです。

その中でも2σラインはトレンド転換時に指標とされるラインなので、順張りをメインにするトレーダーはよく使うのかな?

イマイチ私自身が分かっていませんが(笑)

ボリンジャーバンドをMT4に導入してみてもらえば、±2σラインに沿って動いている場所がいくつか存在します。

その時は、上昇や下降のトレンドが発生しているということですね。

バンドウォークを見極めるためのボリンジャーバンド

バンドウォークが発生するのを見極めるには、ボリンジャーバンドが必要。

まずはボリンジャーバンドを設定した通貨ペアを選択しましょう。

赤枠から設定したい通貨ペアを選択。

試しに「USDJPY」を選択してみます。

普通に開いたらこんな感じのチャート画面が表示されます。

次にMT4の「ナビゲーター > トレンド」から「Bollinger Bands」を選択。

ナビゲーターが表示されていない場合は、こちらの手順で表示できます。

  1. メニューバーの「表示」をクリック。
  2. ナビゲーター」をクリック。

ナビゲーターの表示ができたら、ドラッグアンドドロップでチャートに「Bollinger Bands」を挿入します。

表示がうまくいくと、こんな感じに表示されます。

ちょっと色の使い方のセンスがないですが、ボリンジャーバンドが表示されるようになります。

で、この2σラインに沿って移動している箇所があれば、そこがトレンドが発生しているところです。

あとは、自分自身で経験を積みながら、どこでトレンドが発生していてどのタイミングでエントリーするのか。

こればっかりは経験としか言えないですね。。。

実際、私は逆張りをよくするので、順張りのエントリーのタイミングがマジで下手です!

デモトレードができるバイナリー会社を利用しているなら、相場を判断するインジゲーターなどを使いながら勝率の高い方法を見極めていくことが大切。

なんでもかんでもエントリーしていると、本当に負け続けていきます。

私もバイナリーを始めた頃は、結構ムキになってエントリーしまくった結果、負け続けました。もちろん、なんでか理由もよくわからなかったです。。。

まぁ今でも理由が完璧に分かるわけではないですが、自分なりにココ!というポイントを分析してエントリーしてますので、少しずつ勝率は上がっています。

もう一つ言えば、利益が上がっている日は勝ち逃げしてしまうのがバイナリーで稼げる簡単な方法です!

欲張ると負けますので、気を付けてくださいね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる